超音波検査についての専門家の意見を聞くことができます。


日々の超音波検査の中で、"なぜ超音波検査の前に尿を我慢しなければならないのか?"と疑問に思うことがよくあります。 "検査中に何を拭いているのか" "なぜ先生は検査中に横向きに寝ることを望むのか?" "4D超音波は3D超音波よりも鮮明なのか?" これらの

では、このような練習をする理由は何なのでしょうか? 先生の言葉を読んでみてください

超音波検査では、具体的にどのようなことが行われているのですか?

超音波検査装置は、超音波を体内に送り、体内の仕組みや人間の臓器の反射した表面波を利用して、体内の状態を観察することを基本としています。 桂林医科大学の第二病院は、超音波部門を担当している、林毅は、皮膚の検査部分によると、カップリング剤を拭く、カメラとガスの間に皮膚を排気し、超音波の透過を助け、画質を向上させるために、さらに、カップリング剤を拭く水溶液の状態であり、体に無害、無害、検査後にきれいに拭くことができます。

超音波には放射線がありますか? 体に危険はありませんか?

なぜなら、現在、病気の診断に使用されている超音波診断装置は、超音波の運動エネルギーと検査時間が非常に安全な範疇にあり、身体への害は基本的に無視できるものであり、妊娠中の母親やお腹の中の小さな赤ちゃんにも非常に安全だからです。 そのため、超音波は放射線の影響を受けず、何度も行うことができ、古くから臨床医学の一つとして好まれてきました。

なぜ超音波検査に絶食が必要なのですか? 断食の目的は何ですか?

超音波部門の責任者である林毅氏によると、理論的にはすべての腹部超音波検査は空腹時に行わなければならず、8時間以上の空腹時に最も良い結果が得られるとのことです。 絶食の目的は、食後に胆嚢が閉じてしまうのを防ぎ、腹部の蒸気が多すぎて検査に支障をきたすのを避けるためです。 腹部以外の検査(甲状腺嚢胞、甲状腺、体表の臓器、全身の筋肉、人体の骨、手足、首の血管)では、絶食の必要がない外来検査を除いて、絶食する必要はありません。

尿を保持するために必要な検査は?

膀胱、男性前立腺、精嚢、尿結石、婦人科超音波などの経腹的検査を受けなければならない患者は、尿を我慢しなければなりません。 これは、腸内蒸気の影響を軽減するために膀胱を充満させることができ、膀胱の光の後に骨盤内の内臓を見るための優れた透過光窓が得られるからです。

診察の際に横向きになるように言われるのはなぜですか?

姿勢が良いと検査部位がより鮮明に映し出されます。 患者用プレートを回転させると、カメラが腹部の蒸気を適度にバイパスし、また内臓が少しずつ移動して検査との一体感が得られます。 肝内胆管結石や膀胱結石の異常が見つかった場合、医師は患者用プレートを回転させて、姿勢に合わせて動く尿石をダイナミックに見ることができ、より正確な診断に有益です。

3D超音波と4D超音波の違いは何ですか?

多くの妊婦さんは、妊娠中期になると必ず3D超音波と4D超音波のどちらを選ぶかというジレンマに陥ります。 つまり、3D超音波は写真という静的なデータであるのに対し、4D超音波は動画という動的なデータであり、赤ちゃんの一連の姿勢をお母さんが見ることができるのです。 超音波検査の目的は、お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんの成長と発達をよりよく把握することであり、2次元の超音波検査で十分であるとされてきました。 桂林医科大学第二附属病院の超音波部門では、中国医師会が策定した「中国産科超音波ガイドライン」を常に厳格に遵守し、グレード別の検査と標準的な診察・治療の手順を実施しています。 ここでは、すべての妊婦さんが、いくつかの時間帯(妊娠11~13+6週、20~24週、28~34週)で最も重要な超音波検査を見逃さないように提案します。

point of care ultrasound

施工ネットワーク図

同じ部位の超音波検査でも、医師によって検査結果が異なるのはなぜですか?

超音波部門の責任者である林毅氏は、超音波は医師がすぐに操作する検査方法であり、検査結果やデータ情報を正確に測定することは、医師の診断や治療における実践的なスキルや経験と密接に関係していると述べています。 桂林医科大学第二病院では、2021年10月に「超音波病院クリニック」を開設し、一般の方に超音波の業務プロセスに関する情報やアドバイスを充実させています。 このクリニックでは、超音波のビジネスプロセスをテーマにした情報提供や相談活動が充実しており、検査やその後の診察も受けやすくなっています。

また、このクリニックでは、検査やフォローアップが受けやすくなります。

技術の発展に伴い、超音波部門は検査レベルにとどまらず、臨床医学と密接に関係する多くの医療に資金が投入されています。 近年、第二付属病院の超音波部門は、経腹的肝嚢胞、肝膿瘍、腎嚢胞穿刺介入、経皮的胆管切除術、腎臓およびその他の人体器官の穿刺生検、超音波ガイド下胸部および腹部穿刺配置およびドレナージ法、超音波ガイド下子宮筋腫介入、生化学的妊娠、切開妊娠介入など、さまざまな技術的な超音波ガイド下穿刺介入を実施しており、多くの方にご利用いただいています。 これらにより、多くの患者さんが新しい治療法を手に入れ、治癒のための多くの選択肢を得ました。

医療の発展に伴い、超音波による検査・治療は必ずや皆様のお役に立てるものと確信しております。