驚くべき教育結果!

経済協力開発機構(OECD)の教育ランキングでは、日本人学生は長年にわたって読解力、数学、科学で最高のランクにランクされています。国際学生能力評価プログラム(PISA)では、日本人学生の年間平均スコアはこれら3つの科目に含まれています。どちらも540ポイントに達しました。

全体のリテラシー統計では、日本の25歳から64歳までの高等教育を受けた人の割合は48%で世界第4位、修士の割合では韓国に次ぐ。大卒者のうち、継続昇進の割合は75.9%を占めています。

これまでのところ、新世紀の初めから18人の日本人がノーベル賞を受賞しており、2001年に日本が提唱した「50年で30のノーベル賞」計画は半分以上実現されています。

世界クラスの大学の集まり

日本の企業には世界的に有名な大学がたくさんあり、子供たちがより良い教育を受けることができます。現在、日本には国立大学86校、公立大学86校、私立大学603校、合計775校あります。その中で、9つの大学が世界の大学ランキングのトップ200に入っています。最高位の東京大学は23位、京都大学は35位でした。

現在、日本の大学の研修モデルは国際的な段階に入っており、学生のビジョンはよりグローバル化しています。経営ビザを持った子供たちが日本の大学に通うと、外国人学生の1/3から1/5の授業料で、全年齢制の免除制度も享受でき、外国人学生の定員に制限されずに世界に入る。一流の大学の機会は、留学生の機会をはるかに超えます。

政府は教育を非常に重要視しています

日本は古くから伝統文化と最先端の科学技術を融合させた国です。明治復興以来、日本は教育に大きな注意を払い、管理体制と政策指導を確実にするための完全な法制度を持っています。日本の教育への投資も世界でも有​​数であり、政府の財政的予算は最先端で使われています。

日本は住宅が高価な小さな国ですが、小・中・大学の建物はすべて整頓されていて広々としていて、教室での授業に必要な設備だけでなく、体育館やプール、スポーツ場もあります。強制教育では、教科書は無料です。教科書は小さく、持ち運びが簡単で、学生の所有物になります。

同時に、日本での教育の普及率は比較的高く、幼稚園から大学まで一貫した教育が実施されています。そのうち、小学校6年、中学校3年は強制教育であり、普及率は100%、高校の普及率は98%です。